乳幼児の保湿

育児商品
スポンサーリンク




なんだか乾燥して肌がボロボロ…我が家の長女(当時3歳)もとても肌が弱く冬には背中をかきむしりひっかき傷の痕が絶えずついていました。そんな中、いろいろな保湿クリームなどを試し渡り歩いて辿り着いた保湿クリームを紹介します。

しかし、一つだけ紹介しても面白くないので私が試してきた保湿剤の数々を使い心地とともに紹介していこうと思います。

 

ワセリン系

もう、どこでも手に入る優れものですが同じワセリンでも使い心地は若干違いました。とても主観的になりますがピジョンのワセリンよりもベビーワセリンの方がベタッとしているので保湿力が高く感じました。

乾燥肌の赤ちゃんにはベビーワセリン。普通肌ならピジョンワセリンをおすすめします。

使い心地はピジョンの方が伸びもいいので扱いやすいです。

クリーム系

ここでもピジョン登場。別にピジョンびいきでもなんでもないですが…とにかく手に入りやすいので、そこらの赤ちゃんショップや薬局いくついでに購入すると大体この人です。(人に非ず

もう一つは病院に行って貰うことが出来るヒルロイドです。ヒルロイドは私が勤めている職場が病院なので冬に手荒れした時に頂くのですが、小児科や皮膚科でも貰えるはずです。

使用した結果、どちらも乾燥肌の子には物足りなさを感じました。普通肌なら問題なく保湿してくれます。

シアバターに落ち着きました

最後に私が辿り着いた商品は少々お高めですが確かな保湿力!ロクシタンのシアバター。なんといっても生後一か月の赤ちゃんから使えるので見つけた時はもっと早く知りたかった!っという気持ちでいっぱいでした…

使用感はとてもベッタリする感じで苦手な方もいると思いますが、保湿は抜群にいいです。私は冬場、乾燥肌の長女の背中からお腹、太もものあたりを風呂上りにベッタリと塗りたくっています。

デメリットを強いてあげるなら、値段と伸びがあまり良くないので消費速度が速いこと。しかし子供の肌トラブルなので出し惜しむわけにもいかず毎年のようにこの商品のお世話になっています。

まとめ

我が家では、このような経緯でお肌に合った保湿剤にめぐりつきました。他にもいろいろおすすめ保湿剤があるかも知れませんが、よかったら使用感などを参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

コメント