洗菜ベジシャワー、使ってみた

育児
スポンサーリンク

お久しぶりです。今日はひょんなことから「子供いる家庭には人気」っとベジシャワーという、野菜などに付着する残留農薬を洗い落とす野菜用洗剤を頂いたので使ってみた感想を描きたいと思います。

こっちのブログではアメブロと違いしっかり、使用感・メリット・デメリットをわかりやすく記載して行こうと言うのが私なりの目標なので頑張ります!

さてさて頂いた商品コンセプトは『野菜についた農薬をさっと落とす』っと言う感じ。私はというと…今まで、野菜を洗うことに対してはすっごく適当でした(農薬というより、野菜についた土を洗い流すイメージで洗ってた)

そう、雰囲気でしか洗ってない子でした…もう、シャーーーーーーって水で流して『おっし★綺麗になった』って感じだったので、今回頂いた商品は「野菜を洗う意識」に対してとても良いきっかけになりました

使用感ってどうなの?

正直、手間が増えるのとスプレーした時に少しヌルつくな~っと思いましたが水洗いしたら気になりませんでした。
そこで、家にあった野菜を手当たり次第にスプレーしてみました。
ぶどう

少し染まりましたがそこまで気になりませんでした。(正直、皮の色素が落ちたのかな?って思うくらい)

しかしゴミが気になりました…なんていうか細かいゴミが結構付着してるんだな~って…私は皮ごと口に入れてぺって出す派なので、これが口に入るのはちょっとキツい

サラダ菜

サラダ菜、少し染まりましたがそこまで気になりませんでした。(正直、こちらも色素が落ちたのかな?って思うくらい)

キャベツ

キャベツは、内側の部分だったせいか全く染まりませんでした。内側だと農薬がつかないからかな?っと勝手に解釈。

ほうれん草

『ほうれん草、お前の汚さにびっくりだわ…』
そんな感想です。ゴミの付着が凄くて、葉物はこれから必死に洗おうと心に誓うレベル!あとそこそこ染まりました。

トマト

知りたくなかった…凄く染まりました。他の野菜よりも格段に染まりまくった。

 

残留農薬ランキングを検索してみたらトマトよりもほうれん草とかのほうが上位だったので、トマトに使われてる展着剤や農薬がベジシャワーと反応しやすいのかな~っと思いました。

使用感としては野菜をしっかり洗うことにより少し手間になりますが手間と引き換えに目で見て綺麗になった感がある。

メリット
  1. 野菜に付着した残留農薬が目で見て落とせる
  2. 野菜を水で漬け置き洗いしなくていいから水溶性の栄養素が流れにくい
  3. 皮ごと食べる野菜・フルーツが安心して食べれる

他のサイト検索すれば、ゴロゴロメリットが出てきますが、素人の私が言えるのはこの程度でした。

デメリット
  1. すぐに買えない(ドラックストアで売ってない)
  2. 高い

このくらいです。3回以上のご継続的な購入をしないといけないらしいので少しハードルが高いです…(4回は定期購入しないといけない…)

個人的感想

一度知ってしまうと『皮ごと食べる野菜にはベジシャワーを使用したい!』っというのが本音です。プチトマトやナス、胡瓜、カボチャ、葉物野菜には使いたい…逆に言えば大根やニンジンのように皮を剥く野菜は今までと同じで適当洗いを心がけていきたい←心がけるな

今回こうして沢山の野菜にベジシャワーを試すことで、今までそこまで重要視してなかった『野菜を洗う作業』に意識がたかまりました。

なんていうか農薬ももちろんだけど、普通にゴミやら土やらがついててドン引きでした。

私がまとめといてなんですが公式はもっとわかりやすくまとめてあるので公式ページも貼っておきますね。

【公式】すっきり洗菜ベジシャワー

 

 

コメント