時短家電!ホットクックのメリット・デメリット

生活
スポンサーリンク




時短家電で有名なホットクックを手に入れて早1年程経過しましたので、その使用感・メリット・デメリットについてまとめたいと思います。

もっとも便利!予約機能

たとえば帰宅時間が遅くなり、帰ってごはんを作る時間がない時などに使える予約機能は本当に便利です。

ホットクックの凄いところは、食材を切ってホットクックの中に入れ予約時間をセットするだけで希望の時間帯にはすぐにご飯を食べることが出来ます。

よく、『朝にセットして予約すると食材が傷んだりしない?』っと質問されますが、ホットクックの場合は朝にセットして予約時間帯に調理するのではなく、食材をセット後に1度火を通し調理した後に食材が腐敗しやすい温度帯を避けて温度を保つので食品が傷むことはないです。

温度を保つなら炊飯器でもいいんじゃない?っと思いますがホットクックの場合はまぜ式ユニットと材料を自動でかき混ぜてくれる機能もあるのです!その機能により見てなくても焦げ付かずにしっかり調理してくれます。

とにかく、帰宅してすぐにご飯を食べれるのは小さいお子さんがいる場合などはとても便利です。あと無水なので味も凝縮されてて美味。しかし全てのレシピが予約できるわけではないので、購入の際はレシピも確認した方がいいかもしれません。

ほったらかしでおかず完成!

予約セット以外は時短にはならないと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありませんでした。

ほっておくだけでコンロを選挙せずおかずが一品完成しているのは、忙しい夕飯作りにはとても助かりますよね。また上記メニューのポテトサラダでは、ホットクックで作る方が明らかに洗い物が少ないのも有難いです。

アレンジは自由自在

よく作るスープ系はどんな野菜を入れてもコンソメやトマトで味をととのえるだけで美味しいスープが出来る上に、余ったスープはこんな風にパスタと炒め煮にすれば美味しいナポリタンになります。

こちらタッパーに余ったスープとパスタを入れて電子レンジ500W(600W)で5~10分加熱すれば、フライパンで炒め煮したのと同じようなパスタが出来ます。

メリット・まとめ

・予約セットができ、帰宅後にすぐに食事が可能
・無水鍋で味が凝縮されており美味
・ほったらかしでおかず制作が可能
・煮物系が短時間ででき、味がよく染みている
・自分でアレンジすることにより余ったもので、さらなる料理に変化

主観となってしまいますが以上が私の感じたメリットです。

デメリット・まとめ

・本体が大きく場所の確保が必要
・値段が高い

この二つがデメリットです。よく付属品を洗うのが面倒という意見や、予約できるメニューが少ないなどの意見が見受けられますが私の場合はでデメリットとまでは気にならなかったです。

少し使っていて感じた感想は夏場になると使用頻度が減ります。やっぱり冬の方が煮物系をよく作るので。

最後に…

職場復帰した後に、ホットクックを購入し夕飯作り導入しました。毎日使うことはないですが、あると忙しい夕飯作りにちょっとした余裕が生まれます。そして煮物をよく食べる家庭ならとても重宝する家電だと思います。
もし、購入の際はレシピを確認し、どんな料理が予約可能かなどをご一読してから購入をお考えください。現在、ホットクックは1.6Lと2.4Lの2つの大きさがあります。ご家族の数に合わせて選びたいですね…

ちなみに我が家は購入時4人家族で1.6Lを使用してますが5人家族になった場合は少し足りないような気がします。

<即納できます>KN-HW24C-R シャープ  ヘルシオ ホットクック 無水調理 水なし自動調理鍋!シャープ謝恩祭特選ギフトプレゼント5月11日~7月31日

価格:57,970円
(2018/6/28 23:07時点)
感想(2件)


 

コメント